令和6年度保険制度改定に伴う変更につきまして

令和6年度に保険制度改定により下記の点について国から変更がございましたので、お知らせをさせていただきます。
※参考資料:厚生労働省 令和6年度診療報酬改正の概要(https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/001251542.pdf) 

 

1)初診料、再診料について
物価高、人件費高への配慮として下記の点数が付加されました。

・初診3点、再診2点
・外来ベースアップ料(初診10点、再診2点)
・医療DX推進体制整備加算(初診のみ6点)※当院ではマイナンバーの活用を推進しております

 

2)かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の名称変更
当院はこれまでも患者様1人1人のかかりつけ医として定期的・継続的な医療管理・治療を行ってまいりました。今後は『口腔管理体制強化加算』と名称は変更されるものの、引き続き『早期発見・早期治療・重症化予防・口腔機能管理』に
努めてまいります。
※「口腔管理体制強化加算」施設基準届出済

当院ではかかりつけ医として、下記3点の予防管理を行ってまいります。

①う蝕(むし歯)の重症化予防

  1. 歯の表面のエナメル質における初期のう蝕(できれば初期う蝕も防ぐ)を進行させないよう、来院時に口腔内写真を撮影し、歯面の清掃、高濃度フッ素塗布を3ヶ月に1度(状態によっては毎月)行います。
  2. 加齢や食いしばり、強い力での歯磨きによって歯肉の退縮が起こり、歯の根元が露出してくることがあります。根の部分は複雑なため歯磨きを十分に行うことが難しいと言われております。そのため、根の表面を強化するために高濃度フッ素塗布を3ヶ月に1度行います。(65歳以上が対象となります)

②歯周病の重症化予防

健康な歯肉を保てるよう、3ヶ月に1度を目安に、歯周病進行度の検査、歯面研磨、スケーリングを行い、炎症による歯槽骨の吸収を起こさせないように管理してまいります。また、すでに歯周病が発症している場合には、適切な歯周病治療後、1〜3ヶ月を目安に、歯周病進行度の検査、歯面研磨、スケーリングのほか、歯周ポケット内の洗浄等々も行い、重症化を予防してまいります。

③口腔機能の維持管理(『食べる』『話す』『呼吸』等々)

  1. 小児期での『食べる』『飲み込む』『話す』『鼻で呼吸できる』などの口腔機能の発達・発育不足の状態は「口腔機能発達不全症」と診断され、その数が増えています。これは障害の有無に関係なく、口を使う機能(食べる・話す等)が十分に発達していない状態を指します。機能や環境の育成は、将来の「健康なからだつくり」に大きく関与するため、国からのガイドラインのもと小児期のサポートに取り組んでいます。
  2. 加齢による筋力の低下はどうしても起こってしまいます。日常生活においても躓くようになった、体が硬くなったと感じることもあるかと思います。お口の中においては、「むせるようになった」「食べにくいものが増えた」など、舌の筋力が落ちたり、噛む力が落ちたり、飲み込む力が落ちたりします。国からは50歳以上の方々を対象に、今の状態を検査(咬合圧、舌圧、咀嚼能力等々)し評価を行い、弱っている部位については訓練(いわゆる筋トレ)を行って、筋力・機能維持に努めるよう指示をされております。来院者の皆様(50歳以上)には、1年に1度は少なくとも全検査(7項目)を受けていただき、状態に応じて筋トレメニューを日々頑張っていただきたいです。その後3ヶ月に1度、簡易検査で確認しながらできる限り口腔機能を長く良い状態で保っていくお手伝いをさせていただきたいと考えております。

 

3)歯科外来診療環境体制について
当院は、これまでも感染対策・安全対策については国の指針を超えて対応してまいりました。今後もその体制を維持・強化し続け、来院者の皆様へ安心安全な歯科医療の提供を続けてまいります。
※「歯科外来診療感染対策加算1及び歯科外来診療医療安全対策加算1」施設基準届出済

 

4)高次医療機関との連携、かかりつけ薬局との連携
当院は、日本大学松戸歯学部病院及び柏厚生総合病院と連携をしております。粘膜疾患等の経過観察については、ビデオ通話機能を活用した遠隔診療を受けることができます。また、かかりつけ薬局との連携も強化しております。服薬情報等について迅速に対応するためご来院の際には、お薬手帳をご持参いただきますようお願いいたします。

 

5)補綴物製作の選択肢
歯の被せ物について、大臼歯部は金属修復しか選択できませんでしたが、歯の状況(左右の大臼歯が咬合している場合)にもよりますが、白い被せ物(CAD/CAMインレー、冠)も選択でき、今改定で、前歯から大臼歯まで条件付きで「白い歯が保険で」入れられるようになりました。また、補綴物製作時の印象(型取り)方法も、光学印象が一部認められ患者さんにとって楽に型取りができるようになりました。

 

6)質の高い在宅歯科医療の提供
訪問先における個々の診療に対して下記の通りとなります。

 

新ルールは、令和6年6月1日から適応されております。しばらくは国の解釈によっては多少の変更があるかと思われます。
その際には、逐次皆様へお知らせいたします。なお、ご不明な点がございましたら、お気軽にスタッフにお声がけいただければ
幸いです。
今後ともスタッフ一同研鑽を積みより良い歯科医療の提供を行っていく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

令和6年7月1日

医療法人社団 感・即・動

理事長 康本征史

院長 荒木優介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です